プラット製法

プラット製法

一般的な製法は、足の甲を覆う素材を木型(靴の原型)にかぶせて底面に強く引っ張り、靴の形にして底と接着剤で貼り合わせます。そのため、素材が伸ばされ伸縮性が損なわれてしまいます。
フットローブで採用したプラット製法は、足の甲を覆う素材とベースの素材を縫い合わせて袋状にする製法です。素材を無理に伸ばさないため、各素材の持つ伸縮性が十分に活かされソフトで屈曲性の良い仕上りです。